第23回:山岳救助隊は”山屋”でなければならない 【ゲスト:金邦夫さん】

鋭い視線で山を見つめる金さん。山屋(やまや)の職人気質が光ります

鋭い視線で山を見つめる金さん。山屋(やまや)の職人気質が光ります


ロバート・ハリスが「旅」、「アウトドア」、「エコロジー」などをテーマに、
毎月1回Podcastでお届けしている 『Planet green Podcast』。

今回は、警視庁 青梅警察署 元山岳救助隊 副隊長 の金邦夫(こんくにお)さんをお迎えいたします。現在も奥多摩で現役の指導員として活躍されている金さん。

昨今のヘルシーブームによる追い風で、手軽なスポーツとして人気の登山。最近は女性一人でもチャレンジする方が増えていたりと、なにかと話題となっています。

都会近郊でもできるということで、身近な感のある登山ですが、実はそこに潜んでいる危険について、私たちはきちんと把握しきれているのでしょうか?

今回は 現役指導員である金さんに、ご自身のお話を含め、これから登山を始めてみようとお考えの方は必ず役に立つお話を伺いました。これを聴いて安全な登山を楽しんでください!


今月のPickUpアイテム

ロバート・ハリス

this month's recommender


THE NORTHFACE ”LIGHT HEAT JACKET”

保温着は欲しいけど、グラム単位で削っていきたい。そんなシビアな状況の行動をサポートする超軽量インナーダウン。スタッフバッグへ収納すればバックパックの隙間にも収納可能。まるで空気を羽織るような着用感で動きを妨げず、光電子Rダウンのため薄手でも高い保温効果を発揮します。登山だけでなく、バックカントリースキーや冬のアウトドアアクティビティで寒さに不安があるときはぜひ携行したいアイテム。

≫ 詳細はこちら



【MUSIC】 one cake size feathers / 夜のサカナたち

毎月、Planet greenからメッセージを読まれた方にアウトドアグッズをプレゼント!
プレゼントの詳細は番組の中でご紹介しております。
[ メッセージはこちらから ]

厳しさの中に優しさが見え隠れする金さんでした

厳しさの中に優しさが見え隠れする金さんでした

学生時代に救助隊にお世話になりました、とハリス氏

学生時代に救助隊にお世話になりました、とハリス氏

金邦夫(こんくにお) Profile

1947年、山形県小国町に生まれる。
高校時代から山に目覚め、東北の山々を登る。
1966年、警視庁警察官となる。
1970年、警視庁山岳会「クライム・ド・モンテローザ」を設立。
現在は会長を務め、谷川岳、剣岳、穂高岳などの岩場、冬期クライミングに熱中する。
1977年、米国ヨセミテにおける山岳救助研修に参加。
ヨーロッパ三大北壁であるグランドジョラス、アイガー、マッターホルンに挑戦。
機動救助隊、五日市署山岳救助隊、レンジャーなどを経て、1994年から警視庁 青梅警察署 山岳救助隊 副隊長として奥多摩に勤務。
2003年、警視庁技能指導官(山岳救助技能)の指定を受ける。年間約40回救助出動、他に山岳事故防止啓蒙活動を行なう。警察功労賞、警視総監賞詞、人命救助の功績による警視総監賞など受賞も多数
今回の番組をダウンロード

ドットライン




第22回:ロバート・ハリス推薦 『旅が恋しくなる映画』

今回は僕のおすすめする、とっておきの映画をご紹介します

今回は僕のおすすめする、とっておきの映画をご紹介します


ロバート・ハリスが「旅」、「アウトドア」、「エコロジー」などをテーマに、
毎月1回Podcastでお届けしている 『Planet green Podcast』。

今回は、ロバート・ハリスが「これを観ちゃったら思わず旅に出たくて仕方なくなる!」ということ請け合いな映画をご紹介いたします。題して、


『 ロバート・ハリス推薦・旅が恋しくなる映画 』


ロバート・ハリスが若き日に旅に出ることを決めたきっかけになったあの映画や、情景を思い浮かべるだけで旅が恋しくなる映画たち・・。

映画を観た後には旅のご準備を!映画を観た感想などをメッセージに書いてお送りくださいね。


今月のPickUpアイテム

ロバート・ハリス

this month's recommender


THE NORTHFACE ”Longhaul 21”

短期の旅行に最適な、ホイール付きアドベンチャートラベルバッグ「ロングホール21」。悪路も難なく乗り越える大口径のホイールなど、ハードな環境にも余裕で対応する抜群の耐久性を誇る。ほとんどの航空会社で機内持ち込み可能なのも魅力!



≫ 詳細はこちら



【MUSIC】 ココロトロン / 君がぼくの家に来る

毎月、Planet greenからメッセージを読まれた方にアウトドアグッズをプレゼント!
プレゼントの詳細は番組の中でご紹介しております。
[ メッセージはこちらから ]

エーゲ海の美しい風景

エーゲ海の美しい風景

バルセロナといえば・・?

バルセロナといえば・・?

今回の番組をダウンロード

ドットライン




第21回:エベレスト登攀は究極のアンチエイジング 【ゲスト:三浦雄一郎さん】

エベレスト登攀中、C3(7300m地点)にて心臓データをチェックする三浦さん

エベレスト登攀中、C3(7300m地点)にて心臓データをチェックする三浦さん


ロバート・ハリスが「旅」、「アウトドア」、「エコロジー」などをテーマに、毎月1回Podcastでお届けしている
『Planet green Podcast』。

今回も前回に引き続き、登山家として、そして冒険家としても第一人者である三浦雄一郎さんをスペシャルゲストにお迎えして、いよいよエベレスト親子同時登頂を果たした時のエピソードなどを伺います。

なぜ息子の三浦豪太さんと共に登ろうと思ったのか?そして70歳という年齢で世界最高峰に挑んだ理由は? エベレストに挑む前の冒険家・三浦雄一郎さんにも意外な時期があった?など、今回もダイナミックかつ貴重なトークが満載!必聴です!

【MUSIC】 銀河スープ / Bird's View

毎月、Planet greenからメッセージを読まれた方にアウトドアグッズをプレゼント!
プレゼントの詳細は番組の中でご紹介しております。
[ メッセージはこちらから ]

ドットライン

3年後のエベレスト再登頂、頑張ってください!

3年後のエベレスト再登頂、頑張ってください!

収録後、「いや~(三浦さんは)すごすぎるね(笑)」

収録後、「いや~(三浦さんは)すごすぎるね(笑)」

三浦雄一郎(みうらゆういちろう) Profile

1932年10月12日生まれの青森県出身。
1964年、イタリア・キロメーターランセに日本人として初めて参加。
時速172.084キロ 当時の世界新記録を樹立。
1966年、富士山直滑降。
1970年、エベレスト・サウスコル8,000m世界最高地点スキー滑降を成し遂げ、ギネスに認定される。
その記録映画「THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST」はアカデミー賞を受賞。
1985年、世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。
2003年、次男である三浦豪太さんとともにエベレストを登頂。
70歳7ヶ月ということで、当時の世界最高年齢登頂記録を樹立し、こちらもギネスに認定。
2008年、75歳にして2度目のエベレスト登頂を果たし、最高年齢登頂記録を更新。
現在はアドベンチャー・スキーヤーとしてだけでなく、教育関係にも携わり、世界的に活躍中。
今回の番組をダウンロード

ドットライン




第20回:気がついたら雪崩の山の上にいました 【ゲスト:三浦雄一郎さん】

2008年5月 75歳 2度目のエベレスト山頂。

2008年5月 75歳 2度目のエベレスト山頂。


ロバート・ハリスが「旅」、「アウトドア」、「エコロジー」などをテーマに、毎月1回Podcastでお届けしている
『Planet green Podcast』。

おかげさまでこの番組も第20回を迎えることができました。そこで、スペシャル企画として今月と来月の2回に渡り、ご存じ、登山家の三浦雄一郎さんをスペシャルゲストとしてお迎えします。

世界7大陸最高峰からのスキー滑降記録や、息子豪太さんとのエベレスト親子同時登頂など、数多くの世界記録をお持ちの三浦さん。

そして昨年2008年5月26日には、75歳という年齢で世界最高峰のエベレストに2回目の登頂を果たし、現在も世界最高齢登頂記録としてギネスブックに認定されています。

世界記録に挑戦し続けてきたその理由や、記録を生み出すパワーの源についてなど、三浦雄一郎さんという人物そのものについて徹底的にお話を伺ってみたいと思います。

【MUSIC】 重松壮一郎 / 水滴のダンス

毎月、Planet greenからメッセージを読まれた方にアウトドアグッズをプレゼント!
プレゼントの詳細は番組の中でご紹介しております。
[ メッセージはこちらから ]

ドットライン

ロバート・ハリスも三浦さんの長年のファンなんです!

ロバート・ハリスも三浦さんの長年のファンなんです!

壮絶な体験談をとても楽しそうにお話される三浦さん

壮絶な体験談をとても楽しそうにお話される三浦さん

三浦雄一郎(みうらゆういちろう) Profile

1932年10月12日生まれの青森県出身。
1964年、イタリア・キロメーターランセに日本人として初めて参加。
時速172.084キロ 当時の世界新記録を樹立。
1966年、富士山直滑降。
1970年、エベレスト・サウスコル8,000m世界最高地点スキー滑降を成し遂げ、ギネスに認定される。
その記録映画「THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST」はアカデミー賞を受賞。
1985年、世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。
2003年、次男である三浦豪太さんとともにエベレストを登頂。
70歳7ヶ月ということで、当時の世界最高年齢登頂記録を樹立し、こちらもギネスに認定。
2008年、75歳にして2度目のエベレスト登頂を果たし、最高年齢登頂記録を更新。
現在はアドベンチャー・スキーヤーとしてだけでなく、教育関係にも携わり、世界的に活躍中。
今回の番組をダウンロード

ドットライン




第19回:”あこがれの壁”に挑み続けていきたい 【ゲスト:平山ユージさん】

2008年、アメリカ・ヨセミテの岸壁を超人的なスピード記録で登る平山さん

2008年、アメリカ・ヨセミテの岸壁を超人的なスピード記録で登る平山さん


ロバート・ハリスが「旅」、「アウトドア」、「エコロジー」などをテーマに、毎月1回Podcastでお届けしている
『Planet green Podcast』。

2009年第7回目の今回は、ゲストに芸術的なクライミングスタイルが世界一美しいと評されるプロフリークライマーで、「世界のヒラヤマ」こと、平山ユージさんをお迎えしました。

高校在学中に日本のトップフリークライマーへと成長し、19歳で単身フランスへと渡る。その後数々の国際コンペで上位に入賞し、1998年ついに日本人初のワールドカップで総合優勝。現在も世界のトップフリークライマーとして頂点に君臨し続ける平山さん。クライミングとの出会いや世界に挑戦したきっかけ、また次々と新記録を生み出すパワーの秘密など、トップフリークライマーの本音をズバリ伺います。

【MUSIC】 sonic&trip/yes, please

毎月、Planet greenからメッセージを読まれた方にアウトドアグッズをプレゼント!
プレゼントの詳細は番組の中でご紹介しております。
[ メッセージはこちらから ]

ドットライン

世界トップフリークライマーの腕はやはり逞しいっ!

世界トップフリークライマーの腕はやはり逞しいっ!

エコ意識が非常に高い平山さん、自宅の畑で農業も

エコ意識が非常に高い平山さん、自宅の畑で農業も

平山ユージ(ひらやまゆうじ) Profile

1969年2月23日生まれ。東京都出身。
高校入学後の15歳でクライミングを始めると短期間で頭角を現し、17歳で早くも日本の頂点に上りつめる。
19歳で単身フランスへと渡り、南フランスのエクサンプロバンスを拠点に数々の国際コンペに次々とエントリーし、好成績を残す。
1997年9月、アメリカ・ヨセミテ渓谷の1,100メートルの岸壁を2日間で踏破するという前人未到の偉業を成し遂げ、「ヒラヤマ」の名を世界に知らしめる。
そして1998年、ついにワールドカップで日本人初の総合優勝を決め、2000年にも2度目の総合優勝。
「世界のヒラヤマ」として現在も世界のトップに立ち続けている。
今回の番組をダウンロード

ドットライン




<<前のページへ 123456