第20回:気がついたら雪崩の山の上にいました 【ゲスト:三浦雄一郎さん】

2008年5月 75歳 2度目のエベレスト山頂。

2008年5月 75歳 2度目のエベレスト山頂。


ロバート・ハリスが「旅」、「アウトドア」、「エコロジー」などをテーマに、毎月1回Podcastでお届けしている
『Planet green Podcast』。

おかげさまでこの番組も第20回を迎えることができました。そこで、スペシャル企画として今月と来月の2回に渡り、ご存じ、登山家の三浦雄一郎さんをスペシャルゲストとしてお迎えします。

世界7大陸最高峰からのスキー滑降記録や、息子豪太さんとのエベレスト親子同時登頂など、数多くの世界記録をお持ちの三浦さん。

そして昨年2008年5月26日には、75歳という年齢で世界最高峰のエベレストに2回目の登頂を果たし、現在も世界最高齢登頂記録としてギネスブックに認定されています。

世界記録に挑戦し続けてきたその理由や、記録を生み出すパワーの源についてなど、三浦雄一郎さんという人物そのものについて徹底的にお話を伺ってみたいと思います。

【MUSIC】 重松壮一郎 / 水滴のダンス

毎月、Planet greenからメッセージを読まれた方にアウトドアグッズをプレゼント!
プレゼントの詳細は番組の中でご紹介しております。
[ メッセージはこちらから ]

ドットライン

ロバート・ハリスも三浦さんの長年のファンなんです!

ロバート・ハリスも三浦さんの長年のファンなんです!

壮絶な体験談をとても楽しそうにお話される三浦さん

壮絶な体験談をとても楽しそうにお話される三浦さん

三浦雄一郎(みうらゆういちろう) Profile

1932年10月12日生まれの青森県出身。
1964年、イタリア・キロメーターランセに日本人として初めて参加。
時速172.084キロ 当時の世界新記録を樹立。
1966年、富士山直滑降。
1970年、エベレスト・サウスコル8,000m世界最高地点スキー滑降を成し遂げ、ギネスに認定される。
その記録映画「THE MAN WHO SKIED DOWN EVEREST」はアカデミー賞を受賞。
1985年、世界七大陸最高峰のスキー滑降を完全達成。
2003年、次男である三浦豪太さんとともにエベレストを登頂。
70歳7ヶ月ということで、当時の世界最高年齢登頂記録を樹立し、こちらもギネスに認定。
2008年、75歳にして2度目のエベレスト登頂を果たし、最高年齢登頂記録を更新。
現在はアドベンチャー・スキーヤーとしてだけでなく、教育関係にも携わり、世界的に活躍中。
今回の番組をダウンロード

ドットライン